水指   茶碗   茶入   香合・香爐

 茶杓   花入れ   菓子器、鉢



 Tea of Mind 茶入

茶入が茶の点前を産み出したともいわれている。

戦国時代には、茶入一つが一国に匹敵という逸品まであり、茶の湯の点前の中心となる茶道具である。

濃茶入として使われる小壺が伝来した頃は、共蓋であったと思われるが、茶道具としては共蓋のものはあまり見かけない。


耳付き茶入/佐藤宗雄 作

耳付茶入 鶏冠 keikan 2010年 So-U作

茶にはそもそも薬や媚薬としての一面があり、その高価で貴重な茶を入れる器として特別な扱いをしていたと想像できる。その表れのひとつのに蓋が象牙であったり蓋の裏に金箔を貼るなど、双方とも希少で高価な品としての体裁がなされていることが上げられる。
さらに、この小さな器の中に、姿、景色、作陶の技などすべての美的要素が集約させているところから、美術品としても価値が高かったのであろうと思われる。

茶入(濃茶器)の主な種類と形

「唐物茶入(中国)」と瀬戸焼を代表とする「国焼茶入(日本)に大きく分かれる。

最も用いられる「肩衝茶入(かたつき)」

りんご型の「文琳茶入(ぶんりん)」

なす型の「茄子茶入(なす)」

口が広い「大海茶入(たいかい)」

文琳の首を高くした「丸壷茶入(まるつぼ)」

などの代表的な形があり、それぞれに扱い方が異なる。


衛生管理がしっかりした現代であればこそ、共蓋の侘びたものがあっても良いと思い、時代の名だたる茶陶や作家が創ったらどうなるのだろうなどと思いを馳せながら、共蓋の茶入を創って見た。
茶席で使用する時には、浄めや扱いも蓋の形状に合わせて扱うようにしている。

2017年9月 2018年5月追記


創作茶入2「浮雲」/佐藤宗雄 作

茶入 浮き雲 ukigumo 2012年 So-U作


肩衝茶入「雪衣」/佐藤宗雄 作

雪衣 yukigoromo 2015年 So-U作


当サイトのすべての情報の無断掲載、転載は禁止いたします。
Copyright(c) 2006- sato so-u

TOP▲