水指   茶碗   茶入   香合・香爐

 茶杓   花入れ   菓子器、鉢


 Tea of Mind 茶杓(ちゃしゃく)

茶杓の原型は、中国の薬匙(やくさじ)で、薬研(やげん)や小壷から薬を取り出したり計ったりするために用いた象牙やベッコウ製のスプーンである。薬匙を用いるのは、茶が薬として用いられていた名残でもある。


桜の茶杓/佐藤宗雄作
茶杓 己月桜「月」 kogestu sakura So-U&F 2010年作

茶杓に竹を用いたのは村田珠光とされている。「(和敬清寂)」を旨とする茶の湯では、茶事で使用する茶杓や蓋置きは一度きりの消耗品としたため、当時手に入りやすく加工しやすい竹が茶杓や蓋置きに用いられたと思われる。
これが、やがて竹の筒(割筒)や箱(詰筒)に入れて保管されるようになり、茶事の趣向やテーマに合わせて用いられるようになった。この頃から誰がどのような意図を持って作ったのものなのかなど、茶杓に込められた意味合いが茶事において重視されるようになったのである。
今でも竹、象牙が主であるが、木地づくりのものや塗物なども用いられる。

竹の茶杓の種類

無節:竹の節がないもの(真)

元節;切りに節がきているもの(行)

中節;茶杓の中間に節があるもの(草)


ここに紹介している茶杓「己月桜」は、櫂先(かいさき)の撓め(そり)に合う桜の枝を一年に渡り探し、木肌を生かしながら削りだした作品である。陰と陽の一対で作った。旋盤を主とする藤沼氏の本来の作風ではないため、氏に大変な苦労をおかけした。その分、すばらしい作品となったことに感謝している。


2017年9月 2018年5月追記
茶の湯 学びのガイドブック 茶、こころの時間: 茶の湯二十四節気

茶の湯学びのガイドブック「茶、こころの時間」
著;佐藤 宗雄

茶の湯二十四節気
茶は、こころを落ち着かせ、自分と向き合うため時間..、月の点前と「禅語」「茶花」「季語」を知る。
Amazonで購入

当サイトのすべての情報の無断掲載、転載は禁止いたします。
Copyright(c) 2006- sato so-u
TOP▲